2.柱脚・基礎

基礎
境界条件
参照:文献
データシート
樹種
寸法(mm)
材料
表面粗さ
寸法(mm)
スギ
120mm角
花崗岩
6枚びしゃん(細)
500×500×60
石場立て
・向坊恭介, 川上沢馬, 鈴木祥之: 礎石建て構法木造建物の地震時挙動に関する研究(その1)振動台実験, 日本建築学会大会学術講演会梗概集(中国), 22088, Sep. 2008.
・川上沢馬, 向坊恭介, 鈴木祥之: 礎石建て構法木造建物の地震時挙動に関する研究(その2)地震応答解析, 日本建築学会大会学術講演会梗概集(中国), 22089, Sep. 2008.
平成22年度国土交通省補助事業報告書 伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験検討委員会報告書
3枚びしゃん(粗)
切り出しのまま(平滑)
コンクリート
テフロンボード
ヒノキ
φ100mm丸柱
花崗岩
びしゃん仕上げ
210×100×60
・荒木慶一, 李東潤, 遠藤俊貴, 吉田亘利, 上谷宏二: 伝統木造柱脚-礎石間の静摩擦係数, 日本建築学会技術報告集, Vol. 15, No. 30, pp. 405-409, Jun. 2009.
100mm角
φ100mm丸柱
コンクリートブロック
スギ
150mm角
花崗岩
サンドブラスト処理仕上げ
400×1000×50
・和田幸子,中川貴文,五十田博,岡部実,河合直人,箕輪親宏:伝統的木造住宅の垂れ壁付き壁構面振動台実験 その1~3,日本建築学会大会学術講演梗概集,2008.9
・和田幸子,中川貴文,五十田博,岡部実,河合直人,箕輪親宏:伝統的木造住宅の垂れ壁付き構面振動台実験,日本建築学会北陸支部研究報告集(51),pp.113-116,2008. 7
・和田幸子,中川貴文,五十田博,岡部実,河合直人,桂川晋:伝統的木造住宅の垂れ壁付き壁構面振動台実験 その6,日本建築学会大会学術講演梗概集,2009.8